「独身20代一人暮らしの僕が4年で1000万貯めた貯金術」はこちら

鬱に効く?セントジョーンズワートを飲んでみたよ【レビュー】

どうも、コグレです。
突然ですが皆さん、幸せを感じていますか??

・・・あ、いえいえ、怪しい宗教の勧誘じゃありませんよ。
幸せっていうのは感情の問題だけど、感情っていうのは科学的にある程度、仕組みが解明されているんです。

そうそう、ちょっと興味のある人は知ってますね、セロトニン。このセロトニンという神経伝達物質が「幸せ」という感情に大きく関係していて、セントジョーンズワートはセロトニン値を増やすと言われているサプリなんです(※)。
※:抑うつ効果の作用機序については諸説あるようです。

セントジョーンズワートって何だ??

セントジョーンズワートとは和名をセイヨウオトギリという多年草の花です。ヨーロッパ・アメリカに自生していて、ハーブティーにも使われています。

このセントジョーンズワート、古代ギリシア時代から薬として使われてきた長い歴史があります。ドイツでは現在も抑うつ効果や抗不安障害に効果があるとして、病院で処方されています
うしおえ太陽クリニックさんのサイトでは以下のようにセントジョーンズワートについて言及されています。

米国のハーブ専門家によると、セントジョーンズワートは小児に対しても安全性が高く、広く利用されています。
(ただし、日本のメーカーとしては、公式に推奨することはできず、「うつ病と診断されている場合には、かかりつけ医に相談してください」、という回答にしかならないのですが。)
うつ病に対して、セントジョーンズワートは、SSRIなどの医薬品と同等の効果を有し、かつ、副作用は医薬品よりも少ないという特徴があります。
引用:うしおえ太陽クリニック

日本ではサプリという扱いですが、ドイツでは普通にSSRI(抗うつ薬)などと同じように医者がうつ病の薬として処方しているんですね。
その意味ではちょっと気軽に飲むのが怖い感じもしますが、上記引用文中には「副作用は医薬品よりも少ない」と書いています。
そのあたりも実際に飲んでみた感想をレビューしてみたいと思います。

DHCのセントジョーンズワート20日分を2袋購入

セントジョーンズワートは前述のとおり、日本ではサプリの扱いですので、普通にドラッグストアでも扱っています。と言っても、ビタミンCとかほどメジャーではないのでなかなか近所の街のドラッグストアで見つけることは難しいかもしれません。

ということでAmazonで以下を買いました。1日当たり30円程度なので値段的には試しやすいですね。

セントジョーンズワートを実際に使ってみて感じた効果・副作用

上述のDHCセントジョーンズを1日4粒(650mg)飲み続けてみました。


小さめで飲みやすいです。

初日
朝、食後に4粒を飲みました。特に変化は感じず…。

2日目
朝、食後に4粒を飲みました。特に変化は感じず…。

3日目
朝、食後に4粒を飲みました。特に変化は感じず…。

4日目
朝、食後に4粒を飲みました。特に変化は感じず…。

5日目
朝、食後に4粒を飲みました。特に変化は感じず…。

6日目
朝、食後に4粒を飲みました。特に変化は感じず…。

7日目
朝、食後に4粒を飲みました。特に変化は感じず…。

・・・

2週間後
あれ、最近気分が落ち着いているなあ。イライラすることもなくなった(気がする)。気分も前向き??(な気がする)。

・・・

1ヶ月後
やっぱり気持ちが落ち着いてる(気がする)・・・。

・・・

ということで、緩やか~~~に効いているような ”気がします” 。
飲んですぐに変化を感じることはないのですが、多少生きやすくなっている気がします

しかし逆に言うと、”気がする”という程度で、「効いている!」と断言できない自分がいます。推測になりますが、これは僕がうつ病傾向にないからかもしれません。

コグレ

典型的なマイナスをゼロにもっていく系のスマドラ。マイナス幅が小さければ効果が実感できないかもしれません。

ちなみに副作用としては、少しの吐き気を感じました。チロシンほど強いものではありませんが、「あれ、吐き気を感じているっぽいな?」というくらいに感じました。

飲み合わせ・摂取量に注意が必要

僕も少しの吐き気を感じたように、副作用が少ないと言われているセントジョーンズワートですが、全くない訳ではなさそうです。ただ人によっては副作用を全く感じない人もいるようですね。
いずれにしても、ドイツではうつ病に対して処方されている訳ですし、くれぐれも過剰摂取はしない方が良いです。
加えて飲み合わせに注意が必要です。

セントジョーンズワートは、単独の投与では、安全性と有効性の確立されたハーブです。ただし、一部の医薬品との相互作用がありますので、医薬品との併用投与は避ける必要があります。
引用:http://www.taiyou-clinic.jp/blog/archives/1665

こんな方々におすすめ出来そうです

日本ではサプリとして売られていますし、DHCの謳い文句は、「特有成分がブルーな気分を遠ざけ、明るくハツラツとした毎日を応援します」となっています。
また、具体例として以下のとおり列挙されています。

■いつも笑顔で快活に過ごしたい
■気分がすっきりしない
■落ち込みやすい
■ダイエット中でガマンが多い
■ハツラツとした毎日を送りたい
■更年期を快適に過ごしたい

しかし、個人的には「ダイエット中でガマンが多い」なんて理由で使うのはヤバイんじゃないかと思います。なんとなく、で飲むのではなく、ちゃんと(?)うつ傾向由来の落ち込みやイライラを感じたときに、薬を飲むのはちょっと怖いというような場合にのみ、飲むべきなのではないかと思います。

つまり、サプリとしてではなく、日本における抗うつ薬の緩やかなバージョンとして認識しておいた方が良いんじゃないかなあ、ということです。

参考になりそうな口コミを紹介

僕の場合はうつ傾向が弱かったため、明確な効果を実感できませんでしたが、素晴らしい効果を実感されている方も結構いるようです。

以下のレビューは実際にうつ診断をされ、でも薬の代わりとしてセントジョーンズワートを使い、効果を実感された方のものです。こういう使い方が良さそうな気がします。

ちょっと前に過労死しかけて仕事を休職し、心療内科を受診しました。
主治医の先生からは、抑うつ状態と診断され、投薬治療もできますよ、と提案いただいたのですが、
・今の自分の状態は、とにかく職場から離れて休養をとれば良くなるのでは?
・一度投薬治療が始まると、かなりの長期間になるだろう(うつは時間をかけてゆっくり付き合っていく必要があるものだとは理解していた)
という気持ちがあり、まずは病院の薬無しで頑張ってみたい旨を伝えました。
それでもダメだったら、その時はきちんと病院の薬を頼ろう、と決めて、このサプリを飲み始めました。

結果、2ヶ月半休職して、部署異動させてもらい、その後も1年程飲み続けました。

これを飲むと、明らかに気持ちが軽くなったような感じがありました。(というか、飲まない日はすごくきつかった)
朝2錠飲み、午後にきつくなってきたらもう2錠飲む、という感じで、なんとか日常生活を取り戻していった、という感じです。

多少のプラシーボ効果もあるだろうし、私自身もこれを飲むことをお守りのようにどこかで考えていた部分はありましたが、やっぱり、このサプリ無しには今の生活はあり得なかったと思います。
(現在は飲まなくて済むようになりました。)

実はこのサプリだけではきつくて、やっぱり病院の薬が必要なのかな〜と考えた時期もあるにはあったのですが、もうちょっとだけやってみよう、って気持ちで飲み続けてたら、今の部署が前より負担が少ないこともあり、なんとか乗り越えられた、ってところです。

心が辛い時期って、なかなか心療内科を頼ろうって思えない、行動に移せない人が多いと思います。
特に私のように仕事が多忙で病院を受診する時間すらも取れない人はすごく多いのではないでしょうか。
このサプリはそういう時に、まずは試してもらいたいです。(その後、ちゃんと心療内科にも行ったほうが良いです。)

うつは環境さえそろえば誰でもかかる、心の風邪のようなものです。
早めに治療を始めれば、通院期間も少なく、早く治ります。
本当につらいときはこのサプリだけではなく、きちんと心療内科の先生に診てもらうのが一番です。

いろいろ書きましたが、結果的に私はこのサプリにとても助けられました。同じような悩みのある方に、まずは試してみてもらいたいです。
レビュー引用:https://amzn.to/2MZ19V3

おわりに

以上、セントジョーンズワートのレビューでした。
セントジョーンズワートは、他のスマドラとは違い、薬に近いもののように思いました。
気持ちが安定する、仕事での緊張感を和らげるという意味ではロディオラの方が僕には合っていますが、実際にうつ傾向にある方には有用と思われるスマドラでした。

ロディオラの効果をレビュー!ストレス・うつ・不安症を和らげ前向きにれる!? 実際に使って分かった、僕のおすすめスマートドラッグ!!【社会人・仕事・勉強】【レビュー】