「独身20代一人暮らしの僕が4年で1000万貯めた貯金術」はこちら

僕が便秘を解消できた5つの方法【食事・習慣・サプリで治す!】

どうも、コグレです。僕は生まれながらに便秘体質です。
便秘体質を自覚して十数年、この間に本当に色々なことを試してきました。
それらの効果はバラバラで、効果がちょっとあったもの、めちゃくちゃあったもの、全く無かったもの、様々です

ということで、便秘に悩む誰かの参考になれば、と思い、実践して効果のあった方法を紹介したいと思います!

僕の基本的な体質(痩せ型・胃下垂?)

まずは僕の基本情報を。体型や体質が似ている者同士だと、便秘対策の効き具合も似通ってくる可能性があると思いますので、ご参考までに載せておきます。

  • 20代後半、男性
  • 痩せ型
  • 肌が弱い
  • 胃下垂かもしれない
  • 慢性的運動不足
  • 子供の頃から便秘

ざっとこんな感じです。

コグレ

なんというか、虚弱な感じするなあ。

便秘対策の個人差について

具体的に便秘解消の方法をご紹介していく前に、一点前置きを。

便秘対策は体質・体型、更に言えば性格など、あらゆる要素によって、効き具合が異なってくると思っています。

便秘の原因がストレスの場合、ストレスを感じる原因が何にあるのか、これによって効果的な対策方法も変わってくるわけです。ストレスの原因なんて千差万別ですよね。

ということで、あくまでも「僕の場合は」効果があった対策、という視点で見ていただいて、少しだけでも参考にしていただければ幸甚でございます。

★★★★★:生野菜(キャベツ)を毎日食べる

野菜が便秘解消に効果的であることは、一般的に言われていることだけど、これはマジでした。でも、野菜なら何でも良いわけではないし、食べる量も重要でした。
具体的には100g以上のキャベツを毎日、夕食に生で食べることです

ポイントは4つ。
①キャベツを、②毎日夕食で、③100g以上を、④生で食べる

キャベツは便秘解消という点ではカットキャベツでも問題ありませんでした。コンビニやスーパーで手軽に手に入るので、毎日手間無く食べられる点がとても助かっています。
夕食にこれを食べるようにしてから、貯めこむことが非常に減りました。

でもこれは一人暮らししてから出来るようになったことです。

コグレ

実家で暮らしているときは食事はお任せだったからなあ。

★★★★★:早起きして、コーヒーを飲む

はっ・・・?って思われそうだけど、本気です。
早起きして、コーヒーを飲んで、ゆったりすると便意を催します。
これはノンストレスの時間を作ることの重要性を意味しています。

極端な話ですが、山で熊に遭遇したとき、きっと便意を催すことはないですよね!?

そういうことです。
人は副交感神経が優位になっている=すなわちリラックスしているときにしか、便意を催さないようになっているようです。
ストレス社会と呼ばれる現代では、満員電車や仕事など、常にストレスに晒され続けてしまい、結果としてうっかりしていると副交感神経ではなく交感神経優位の状態が続き、便秘になってしまうのです。

コグレ

満員電車でもリラックスできる鋼のメンタルの人なら大丈夫なんだろうけど

ということで、朝5時に起きて、コーヒーを2時間くらいゆったり飲んでいれば、高確率で毎朝快便です。
ちなみにインスタントよりも、挽いたコーヒーの方が効果がある気がします。理由は分かりませんが。笑
こんな生活なので、エスプレッソマシンは欠かせません。

デロンギの高級エスプレッソマシンを買った(プリマドンナXS, ETAM36365MB)

★★★★★:フィッシュオイル(DHA/EPA)を飲む

フィッシュオイルと言ってもピンと来ないかもしれませんが、これはDHA/EPAのことです。魚に多く含まれていて、「頭が良くなる~」と言われている栄養素ですね。

僕の場合、仕事の効率を上げたくて、DHA/EPAを飲み始めたのですが、想定外の効果として一番に実感したのが便秘解消寝起きが良くなる、の2点でした。
油分を摂ることで便秘解消に繋がるという直接的な理由に加え、寝起きが良くなることで早起きが苦ではなくなり、前述のとおり朝のゆったり時間を過ごすことができるという点で、間接的にも便秘解消に繋がっていると理解しています。

DHAサプリは大人気なので、各メーカーから出ています。はじめはアサヒのディアナチュラを飲みましたが、今はよりコスパの良いNow社のものを使用中。

記憶力、集中力を高めるためにDHA/EPAを摂取!目覚めと便秘解消に効果アリ?【レビュー】

★★★★☆:自分に合った整腸剤を見つける

便秘にお悩みの方の多くは整腸剤も試し済みかもしれない。
それで、「え?効かないやん・・・」と辞めた人も多いだろう。
僕もその経験はある。

しかし1つ試して辞めるのはもったいないと思われる。
というのも、整腸剤にはかなり「相性」がある

例えば今、僕の自宅にあるものは新ビオフェルミンSミヤサリン
他にも「強力わかもと」、「ビオスリーHi錠」、「エビオス錠」・・・と色々試してきた。

この中で僕にとっては、以下のような順番で効いた。左にいくほどgood。(リンクはamazonに飛びます。)

でもレビューを見ていると、「ミヤサリンは効かなかったけど、新ビオフェルミンSは効いた」とか、「強力わかもと最強!」とか、人によって相性の良い整腸剤が違う。
僕も最初は新ビオフェルミンSを使って、「ただのラムネじゃん・・・」って思ったけど物は試しと思ってAmazonで探す整腸剤カテゴリーのランキング上位を試してみた。
その結果、僕の場合はミヤサリンがすごく効いた。(新ビオフェルミンSは効かな過ぎて全然減らなくて未だに残っている。)

★★★★☆:落下腸マッサージをする

これはテレビで紹介されていて知ったマッサージですが、日本人には「ねじれ腸」や「落下腸」という通常の腸の位置とは異なる人たちがかなり多いらしい。
人によって腸の位置が異なるというのは考えたこともなかったが、この「腸の位置」と「便通の良さ」の関連が強いというのはなんとなく納得できる。

僕の場合は「落下腸」。胃下垂とかO脚っぽい人はこれに該当する可能性が高い。
そして「落下腸マッサージ」は落下腸によって詰まりやすくなっているところを揺らすことで便通をよくするというシンプルなもの。

「落下腸」の概要とマッサージの方法を分かりやすくまとめられている動画がありましたので貼り付けておきます。

僕の場合、上4つの方法によりめったに3日以上たまることはなくなりましたが、3日出ない場合には落下腸マッサージをするようにしています。

もちろんマッサージは毎日して良いですが、僕にはこの簡単なマッサージですら面倒なので、ピンチの時にのみ実践するようにしています。

また、「落下腸」についてより詳しくお知りになりたい方は以下のサイトをご覧ください。

参考 「落下腸」について久里浜医療センター

運動(ランニング)は効かなかった

以上5つの便秘解消に効果のあった方法をご紹介しましたが、ご参考までに逆に効果のなかったものとして「運動」があります。

”運動はした方が良い”、これは確かなことだろうと思いますが、便秘解消という意味では僕にはほとんど効果がなかったです。

具体的に行っていたのは、ランニングです。
まあ「ランニング 便秘」で検索すると、ランニングによって便秘が解消したという声も多数あるので効く人には効くのでしょうが、僕には効果なしだったわけです。

ランニングよりは、時間にゆとりを持ってウォーキングする方が良さそうです。これも運動という意味ではなく、リラックスするという視点で効果があると思っています。

便秘薬については圧倒的に「タケダ漢方便秘薬」がオススメ

今ではもう滅多に使うことはなくなりましたが、便秘薬については圧倒的に「タケダ漢方便秘薬」に助けられていました。(でも素晴らしいことにかれこれ1年くらい使っていません)

強力という意味ではコーラックがNo.1だと思いますが、あれはちょっと強力過ぎて怖い。タケダの場合は緩やかに効くし、一回出せば平常運転に戻るけど、「ピンクの悪魔ことコーラックの場合は飲んだ翌日、外出できませんでした

ということでもう滅多に使うことはないだろうけど、タケダ漢方便秘薬はお守りとして常備しています。

コグレ

ピンクの悪魔は危険なので殲滅してやりました。

便秘とニキビについて

少し余談になりますが、僕はニキビ体質でもあります。
便秘はニキビの大きな原因のひとつです。従って、便秘を治すことでニキビもかなり出来にくくなりました。

ニキビと便秘にお悩みの方は少し回り道に思うかもしれませんが、まずは便秘解消に注力してみるのも良いかもしれません!

おわりに

今回ご紹介した方法に辿りつき、便秘に悩むことがなくなったのは20代後半になってからです。それまで長いこと苦しんできました。
便秘体質でない人からしたら、便秘の何が辛いのか分からないでしょうが、便秘って本当に憂鬱になりますよね。というかそれだけじゃなく、色々と体に悪いです。

ですからお悩みの方には早く自分に合う便秘解消法を見つけていただき、人生の便秘期間を出来るだけ短くされるよう、お祈りしております