【朗報】今ならLINEで毎月8,000ポイントGETできる…!

圧倒的評判!パナソニックの人感センサーLED電球が快適過ぎて感動した【レビュー/ブログ】【LDA8LGKUNS】

電球が切れた。

一人暮らしを始めて約10年、4回目くらいの出来事かな。

電球が切れるというのは、それくらいたまにしか訪れないイベントである。

その度に「どうやって捨てればいいんだっけな」、「電球の型はどれを選べばいいんだっけ・・・」と調べ直す手間が発生する。

で、今回ふと思った。

コグレ

最近は(と言っても、もう随分前からな気がするけど)、電球にセンサーが付いているタイプがあって、電球をそれに替えるだけで自動点灯・消灯を実現できるものがあったな、、、

と。

人感センサー電球は粗悪品が多い

早速、「人感センサー 電球」とAmazonで調べてみた。

すると聞きなれない恐らく中華メーカーの商品が多数。

中華メーカーがダメということは全く思っていないけど、中華商品はAmazonのレビューが自演で蔓延していて、全く信用できない状況にあるので基本的には除外したい。

すると残るのがアイリスオーヤマかパナソニックくらいになってしまった。

アイリスオーヤマの商品は以下。

レビューの分布がかなり気になる感じで、星5が一番多いんだけど、星1もかなり多い。

そして星1の中身のほとんどが「人感センサーの不具合」であった。

コグレ

ちょっと不具合の確率が高すぎだなあ…返品の手間等を考えるとできれば避けたい

そして他の中華商品を見てみても、レビューの分布がアイリスオーヤマと似ていて、星5が多いけど星1も多いという状況であった。

 icon-check-circle 人感センサーという商品そのものが不具合が生じやすい傾向にあると言えそうです。

Panasonicの「LDA8LGKUNS」が大人気で一強

そんな中、先に挙げたPanasonicのE26口型「LDA8LGKUNS」だけはレビュー分布の形状が全く違うではないか。

平均で星4.6だし、星1つが最も件数が少ない。

これは信頼度が高そうである。

コグレ

さすがは他の2倍以上の価格差があるにも関わらず、ベストセラー商品なだけあるようだ。

ということで「LDA8LGKUNS」をポチりました。

最近お気に入りのAmazon置き配指定で玄関に放置してもらいました。

Amazonで「置き配」を利用したらフツーに便利だった【体験談・ブログ】

コグレ

電球色と昼光色なら、圧倒的に電球色派です。

早速、電球を付け替える

今回、電球を付け替えるのは玄関です。

ここに、こいつを。

通常の電球と違って、センサーらしきものが底部についています。

何も考えずにくるくる回して接続させると、、、

付きました\(^o^)/

カメラの性能の問題か、「暗く」、「白く」映っていますが、実際にはかなり明るく、かつ、ちゃんと電球色(オレンジ色の光)です。

コグレ

今までも同じ60Wの電球をつけていましたが、それよりも明らかに明るいです。

人感センサーLEDを設置して気づいたメリット・デメリット

実際に人感センサーLEDを使ってみて思ったことを挙げていきます。

メリット①:自動消灯・自動点灯には感動

まずは何と言っても自動消灯・自動点灯が物理的・心理的に思っていた以上に素晴らしいということ。

例えば荷物をたくさん持った状態で夜に帰宅した場合、

  1. ドアを開けて
  2. 靴を脱いで
  3. 玄関に荷物を置いて
  4. スイッチを押す
  5. 荷物を持って
  6. 居間に移動する

という動作をしていたが、

  1. ドアを開けて
  2. 靴を脱いで
  3. 居間に移動する

というように、動作が大幅に減る。

赤字の3ステップが消え、動作が半減しています。

原人

そんなもん大した話じゃなかろう・・・

と思う方も多いでしょうが、、、僕もそう思っていました。

でもそうじゃなかった。

実際に導入してみたらもう戻れない」ってヤツでした。

また心理的にも負担が減っていて、「電気を消さなきゃ!」とか、「電気消し忘れたかも…」とか、そういう小さな悩みが消え去る

小さな悩みだけど、毎日のことなのでこれが結構大きい。

メリット②:センサーの精度が想像以上に素晴らしい

他の商品を試したことがないので、比較はできないのですが、僕が思っていた「人感センサー照明のセンサー精度」の想定を超えてきました

検知範囲が絶妙で、「点いてほしいな」という範囲でしっかり点いてくれる

調べてみたところ、

高性能センサ (ひとセンサ) 「NaPiOn」採用で、センサ感度比約2.18倍

ということで、センサ性能は売りポイントのようであった。なるほどなるほど。

また「明るさセンサ機能」とやらで日中は点かない点も良い。

加えて、消灯するときには一旦少しだけ暗くなってから徐々に消えていくのも良く、なんとなく高級な感じがする。(自分でもよくわからん感覚であるが。)

コグレ

このあたりの細かい芸には値段が高いのも頷けます。

メリット③:長持ち省エネ

LED電球自体、省エネ長持ちですが、自動点灯・自動消灯により人感センサー電球は更に長持ちします。

約28%省エネ※2

定格寿命は40000時間ですから、多めに見積もって玄関が仮に1日1時間点灯していたとしても、109年も持つ計算になります。

コグレ

もう一生交換することはないかもしれませんね…

デメリットは思いつきません。強いて挙げればコスパくらい?

以上のとおり良い点は色々とありますが、悪かった点は全くありません。

無理やり挙げれば他の商品より値段が高いという点ですが、滅多に替えることのないもので、高いといっても3,000円程度の商品ですから、長きに亘って受けられる恩恵と比べたら無視して良いレベルであると考えます。

おわりに

以上、圧倒的人気の「LDA8LGKUNS」を買ってみたら、想像以上に便利で「もっと早く買えば良かった」状態になったというお話でした。

日常のちょっとした手間を省く家電は全般的にコスパが高いと改めて実感しました。

コグレ

そうした家電商品は積極的に買っていきたいと思います。