【朗報】今ならLINEで毎月8,000ポイントGETできる…!

アシックスありがとう!テクシーリュクスは徒歩通勤にオススメのコスパ最高革靴【レビュー/ブログ】

どうも、コグレです。

私事ですが、引越しに伴いまして通勤時の歩行距離が増えました。

ざっと、往復で1時間程度歩きます。

そんな訳で、愛用していたスコッチグレインから、履きやすさ重視で革靴を探し始め、あのアシックスが手掛ける、テクシーリュクスの革靴に辿り着きました。

icon-check-circleこの記事ではテクシーリュクスの革靴の履き心地、サイズ感、モデル選び、使用感等についてレビューいたします。

今回購入した型番・モデルはTU-7783

今回僕が購入し、使用しているモデルは「スニーカービズ TU-7783」です。

スニーカーのような履き心地」を標榜するテクシーリュクスの中でも、「スニーカーモデル」という冠のついた、軽くて履きやすいラインナップです。

コグレ

下の方で他の同価格帯モデルとの比較をしています。

テクシーリュクスの履きやすさ/歩きやすさ

以下が実際に「スニーカービズ TU-7783」を履いている様子です。

見た目には通常の革靴と同じに見えます。

これまでスコッチグレインなどの中価格帯の革靴を履いてきましたが、結局、ピカピカに磨けば違いは出るものの、常にそのような状態を保っていられなかった自分にとっては、見た目的にもあまり違いが分からず

コグレ

全然、テクシーリュクスの見た目で十分だ

となりました。

で、肝心の履きやすさですが、、、

本当に最高です。

これについては、色々なレビューで、

「最高\(^o^)/」、「最高\(^o^)/」、「最高\(^o^)/」

と書かれていたので期待していましたが、やっぱり最高でした。

何が良いかって、本当にスニーカーの履き心地なのです。

具体的に普通の革靴と何が違ってスニーカーの履き心地になっているかと言うと、

  • 通常の革靴に比べて圧倒的に軽い(スニーカーと同じような軽さ)
  • 中敷きのクッションが効いていて、負担が小さい
  • ソールもクッションが効いていて、負担が小さい

この3点になります。

コグレ

今まで僅かな格好良さにこだわって、履き心地の悪い革靴を履いてきたのは何だったんだ…と率直に思うレベルでした。

まあ、高い革靴を丁寧に手入れして長く愛用する良さも分かりますけどね…でも毎日にあくせく働くようなうちは、この履きやすさに軍配が上がります

他のモデル(TU-7758、TU-7010)との比較

今回、購入にあたって比較検討したのが、同価格帯で同じスニーカーモデルの「TU-7010」と、僅かに安く3Eの「TU-7010」。

実際に履き比べたうえで「TU-7783」にした理由を書いていきます。

「TU-7783」にした決定的な理由はつま先の形

はじめに結論から書いてしまいますが、3つのモデルの中で「TU-7783」にした決定的な理由はトゥの形です。


(左から「TU-7758」、「TU-7010」、「TU-7783」)

なかなか写真だと伝わりづらいかもしれませんが、上記の写真で一番右の「TU-7783」だけがつま先が丸く、他2つはスクエアタイプです。

この写真でもそうですが、Amazonで購入する際も、写真ではそれほど気になりませんでしたが、実物を見ると、スクエアタイプのつま先は、予想以上に全体を細長く見せてしまい、なんというか…不自然さを覚えました

一方で「TU-7783」の丸みを帯びたつま先は非常にオーソドックスで、ビジネスシーンでも違和感なく馴染むような安心感がありました。

ソールの高さの違い

それからもう一点、同じスニーカーモデルの「TU-7758」と「TU-7783」の比較になりますが、選ばなかった「TU-7758」のソールの高さが不自然に高いというのも理由の一つです。

(「TU-7758」の横からの写真)

(「TU-7783」の横からの写真)

これも写真ではなかなか伝わりづらいかもしれませんが、1枚目の「TU-7758」はかかと部分の高さが、かなり高いです。

コグレ

ソールが高いと背が高くなっていいじゃん!

と一瞬思いましたが、不自然さが勝りました。

履き心地についてはスニーカーモデルが優れている

履き心地については基本的に3モデルとも非常に良いです。

すっと馴染んで、「スニーカーの履き心地」を実現していました。

ですが、僅差でやはりスニーカーモデルの「TU-7758」と「TU-7783」の方が、より履き心地が良く感じました。

ちなみにテクシーリュクスの靴は、履き脱ぎする際の快適さも追求しており、履き口に隠しゴムを備えています。

切れ目みたいになっているところがゴムになっているので、靴ベラなしでも履けるというスニーカーっぷりです。

スニーカーモデルではない「TU-7010」は右側だけこの機構になっており、左側は隠しゴムはありません。

片側あるだけでも大分違いますが、やはり両側ある方が脱ぎ履きはし易いです。

ついでにソールの形状はどれもバラバラ。いずれについてもラバーソールで雨には強く、滑りにくい設計になっています。


(左から「TU-7783」、「TU-7010」、「TU-7758」※上の写真と並び順が逆です)

テクシーリュクスのサイズ感、サイズ選び(スコッチグレインとの比較)

革靴選びの悩ましいところがサイズ選びですが、ご参考までに僕の場合をお伝えします。

  • まず足の実寸(裸足でかかとからつま先までの長さ)は、ほぼ25cmぴったり
  • スコッチグレインでは25cmのシングルEがジャストサイズ
  • ニューバランスのスニーカーは26cmがジャストサイズ。

このような私の足の大きさで、

がちょうど良いサイズでした。

コグレ

上記のように書きましたが、2Eと3Eの違いはそれほどないように思います。

スコッチグレインと比較すると同じ数字でも僅かにテクシーリュクスの方が大きい印象です。(※スコッチグレインも木型によりサイズ感が違うので難しいところですが…)

コグレ

サイズ選びの参考になれば幸いです。

おわりに

以上、テクシーリュクスが最高だったというお話でした。

安くて、履き心地最高で、革質も合皮とは違い普通に見れるレベルであるテクシーリュクスを非常に非常に気に入りました。

コグレ

今のところ今年の一番の当たりアイテムです。

\返品無料だし、wardrobeでの試着もオススメ/
Amazonの「テクシーリュクス」特集ページを見てみる

\楽天ポイントもザクザク貰える/
楽天市場で「テクシーリュクス」を人気順で見てみる