知らないと損!僕が愛用するiHerbグッズはこちら

『普段テレビを見ない』というテレビ嫌いな人にもオススメの番組3選

どうも、コグレです。僕は昔からテレビをあまり見るほうではないです。どっちかというとネットをしているほうが性に合っているタイプです。だから、「テレビはあんまり見ないですねぇ(ドヤ)」と言っていきてきました。

しかし・・・実は見ている番組もあります。

いわゆるゴールデンタイムにやるようなバラエティ番組はあまり見ないのですが、ちょっとマイナーな番組で好きなものがいくつかあって、見ています。

僕と同じように『テレビ見ない』派の皆さんにも嵌るものがあるかもしれないので、ちょっと紹介してみたいと思います。

①TBS「クレイジージャーニー」

まず1つ目はバラエティ(?)ジャンルから、「クレイジージャーニー」。毎回、広い分野からクレイジーに活躍する人を特集し、VTRの合間々々にはスタジオで松本仁志・設楽統・小池栄子の3人が会話をするというスタイルのもの。

スタッフの取材力が肝の番組ですね。

深夜番組の頃から見ていますが、面白い。正直、当たり外れがけっこうあるのと、総集編みたいな実質再放送回みたいなところがある点には手抜き感を抱かざるを得ないですが、まあ深夜枠からのスタートで人員が足りないのかもしれない。

特に僕が好きな回(いわゆる僕的に神回)は以下3つ。

アドベンチャーレース

過酷なレースという触れ込みで番組が始まったが、僕が想像していたよりはるかに過酷でワロタ回。

アドベンチャーレースとは、

山、川、海など、各地の自然をフィールドに、多種目なアウトドア競技をこなしながら、ゴールを目指すレース

ですが、驚くべきはその距離。総距離600kmほどを不眠不休と言ってもよいくらいの短い休憩のみで数日間ぶっ続けで道なき道を進み続けるというもの。
引用:http://www.east-wind.jp/

また、リーダーの田中正人氏は50歳とは思えないほどの元気さと鬼軍曹と呼ばれる厳しさ。これがまた「こいつらヤベぇ・・・」と思わせてくれます。

コグレ

是非見ていただきたい回。

大峯千日回峰行

この番組を見るまで全く知らない世界でしたが、大峯千日回峰行という修行があり、これは

奈良県・大峯山の頂上にある大峯山上本堂までの 往復48キロの山道を1000日間、1日も休まず歩き続けるという行

です。

コグレ

「往復48キロの山道を1000日間」って、やばくないですか…。

辺境作家 高野秀行

「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」をモットーに、一人で辺境の地に潜り込んで、よく分からんことをしている、カッコイイおじさん。


引用:https://www.bookscan.co.jp

コグレ

まじでカッコイイ。

ミャンマー北部、反政府ゲリラの支配区・ワ州という、アヘンの栽培地に潜入してルポを書いたり、禁酒のイスラム圏で幻の地酒を探したり。

クレイジージャーニーでも複数回に登場していますが、どの回も面白い。本も面白いです。

②NHK「ドキュメント72時間」

お次はドキュメンタリージャンルから「ドキュメント72時間」。酒を飲みながらしっぽり飲む際のお供に最適です。(クレイジージャーにもお酒の肴になりますが。)

ドキュメント72時間は全国各地の色々なところで72時間定点で来る人、来る人に話を聞いていくという番組です。

一言で言うと、「人間観察」番組です。

コグレ

ちなみにニンゲン観察バラエティ『モニタリング』とか言う番組はクソ嫌いです。

色々なリアルな人間ドラマが見られるところが好きです。

「家、ついて行ってイイですか?」というテレビ東京の番組も、普通の人々の私生活や人間ドラマが見られるところは好きですが、インパクトの強い人たちだけを選んでいます。一方でドキュメント72時間はもっとリアルで、劇的な人間ドラマがある人だけではなく、何も無い人生、素朴な人生から垣間見える人それぞれの考えみたいなものを上手く引き出しているところが好き。

コグレ

結局、人間が一番面白いのかもなあ

③東京MX「モーニングCROSS」

最後にニュース番組ジャンルから「モーニングCROSS」です。

元NHKアナウンサーの堀潤さんの良さが光る番組です。和やか雰囲気ながらも真面目に重要なトピックをゲスト出演者と共に議論します。

とりあげるトピックも、つまらん芸能の話は少なく、テレビ嫌いにオススメできます。

僕はこの番組を知るまで朝はテレビを見ていませんでしたが、最近は毎日見るようになりました。

おわりに

以上、テレビが置物と化している方にも一度試しに見てもらいたいなあと個人的に思う番組3選でした。僕のようにひねくれている人間が気に入るような番組を作っても視聴率が取れないのでしょうが、それでも同類の人間は一定数いるようで、少ないながらも楽しめる番組があって嬉しいです・・・。