「独身20代一人暮らしの僕が4年で1000万貯めた貯金術」はこちら

「スパイベルト」は運動や旅行に最適なウェストポーチ・ウェストバッグ【レビュー】

どうも、コグレです。皆さん、運動していますか?
運動しないとイカンですよね・・・イカンです。(今、自分に言い聞かせています・・・)

ジョギング・ランニングなどの運動に最適

ジョギングやランニングをする際に便利なウェストバッグがあります。
それが「SPIBELT」です。

一見すると、バッグのようには見えず、細い紐みたいなものなのですが、伸縮性があるので見た目以上に物が入ります

(このモデルは「スパイベルト・ラージ」です。)

500mlのペットボトルも入る

前述のとおり、伸縮性がありますので何とペットボトルも入ります。
横に並べると以下のような感じで、「本当に入るの!?」と思いますが・・・

実際に入れてみると・・・、はい。

無理やり・・・ということもなく、難なく収まりました。

また伸縮性があるお陰で、何を入れてもピッタリになるので、中で動くことがありません。そのため、例えばスマホを入れてランニングする時などもスマホが体に密着するので邪魔になりません。

スマホや鍵、お金やパスポートなど、用途は様々

僕がこれを購入したきっかけは東南アジアを長期間プラプラする際に、お金やパスポートなどをすられないようにするためでした。

伸縮性のお陰で、長さを短くして着用すると体にぴったりくっついて、ずれなくなりますし、パスポートや紙幣などの薄いものを入れて衣類の下に隠せば、スラれる心配はなくなります

500mlのペットボトルを普通に着用すると以下のようになります。

しかし500mlのペットボトルはさすがに重たいので、完全にずれないようにしたければ袈裟懸けにするのがオススメです。

そして、服の中に隠すと・・・

こんな感じです。

まあ、さすがに500mlのペットボトルだとよくよく見たらバレちゃうかもしれませんが、パスポートやスマホ、お金であればバレないです。これが”スパイ”ベルトたる所以なのでしょうね。

スリ対策だけでなく、普通に国内を旅行するにあたっても、手ぶらな感じで移動できるのでオススメです。スパイベルト自体も重さは微々たるものですので全く荷物にならない点も◎です。

用途に応じたモデルが色々とある

僕が持っているのは「スパイベルト・ラージ」ですが、用途に応じてサイズや形等が異なるものが色々あります。

BASIC(ベーシック)

BASICは基本的な作りは僕が持っているラージと同じで、サイズをそのまま一回り小さくしたものです。500mlのペットボトルは入りませんが、パスポートや通常サイズのスマホであれば入ります。

MESSENGER(メッセンジャー)

メッセンジャーは、ラージよりも更に一回り大きくしたもので、”スパイ”としての使い方は想定しておらず、通常のウェストバッグと同じような使い方になります。


(写真引用:公式サイトより)

ただ、体への密着感やスパイベルトそのものの携帯性の良さは健在ですので、その点でメリットがあります。

MESSENGER HIP(メッセンジャーヒップ)

メッセンジャーヒップはメッセンジャーとほぼ同じ仕様です。


(写真引用:公式サイトより)

TOUGH(タフ)

TOUGHはトレイルラン用途に作られたもので、ベルト部分に携帯食を挟めるようにしています。


(写真引用:公式サイトより)

携帯食を挟むだけではなく、例えば鍵をぶら下げたりとか、色々用途はあると思いますが・・・

WATER RESISTANT(ウォーターレジスタント)

お次は防水性能を持つWATER RESISTANTです。素材が撥水性能を持ち、またジップも防水になっていますので、例えば登山などで地図を入れたりするのに最適です。

コグレ

防水性能はあって損はありません。

おわりに

以上、1つ持っておくと何かと便利なスパイベルトのご紹介でした。利便性と携帯性を兼ね備えたスパイベルトを持って、運動や旅行に出かけてはいかがでしょうか・・・!?

コグレ

引きこもり状態の自分への戒めです。