知らないと損!僕が愛用するiHerbグッズはこちら

乾性フケに「オクトセラピエ」は効果があるのか…?【ブログ・レビュー】

どうも、乾燥肌系ブロガーのコグレです。

乾燥肌のお陰で全身が痒くて困っているのですが、悩みごとはそれだけではないのです。

そう、フケです。

暗いスーツや黒いPCには僕の分身たちがよく姿を現します・・・

コグレ

フケって、漢字では「頭垢」と書くのですね。

色々なフケ用シャンプーを試してきた

フケ用シャンプーの世界はけっこう狭くて、定番商品が確立されています。

これまでに

バルガスコラージュフルフル、そしてメディクイックHと一通り試してきておりまして、

と、だいたいこんな感想です。

全く効果を実感できないものから、多少効果を実感できたものまであるけど、満足には至ってないというのが現状です。

コグレ

今日もパラパラ、明日もパラパラ。

コグレ

どの商品もレビューが多数あって読むと分かりますが、人によって合う合わないが全く異なるのがフケシャンプーの難しいところ

オクトセラピエのシャンプーとコンディショナー

で、最近使っているのがオクトセラピエのシャンプーとリンス。LIONのロングセラーシャンプーのオクトを、より効果的にした商品です。

これでダメなら市販の定番商品は全滅なので、ニナゾルシャンプーしかないかなあ、と思っています。

コグレ

でも、上の写真の4セットにそこそこの手応えを感じています。

今試しているオクトセラピエの特徴は乾燥肌のフケに効きやすいということです。

とは言え、全身は乾燥肌であるにも関わらず頭皮は脂性だという、ややこしいタイプもいるので必ず乾燥肌=オクトセラピエとは限らないのが難しい…

オクトセラピエシャンプーの使用感

まずオクトセラピエシャンプーですが、質感は粘度が高いです。透明でドロッとした感じ。

あまり泡立たないタイプです。下の写真のとおり、モコモコ泡が出来る気配は一切ありません。
2019/04/13追記
泡立たないのは初めだけでした。3日目くらいからはむしろ平均的なシャンプーより泡立つようになりました。

ですから、頭皮にもみこんでいく際には泡のクッションがありませんので気をつけなくてはいけなません。

マッサージも兼ねて僕はヘルシンキ・フォーミュラのヘアブラシを使っています。

コグレ

Amazonを開いたら「お客様は、2012/3/15にこの商品を注文しました。」と出たのでもう7年使い続けていることになります。

洗いあがりは普通です。サッパリ感はそこまでありませんが、それが乾燥タイプの頭皮には良いのだと思います。

オクトセラピエコンディショナーの使用感

続いてオクトセラピエコンディショナーですが、こちらはリンスとして使いやすい質感です。良く伸びます。

そしてこのリンスは髪の毛だけでなく、地肌にも揉みこむタイプ。これも地肌の保湿に一役買っているということでしょう。

キュレル 頭皮保湿ローションを補助として

オクトセラピエのセットに加えて、乾燥している日はキュレルの頭皮保湿ローションを使っています。

頭皮ローションは確かに頭皮の保湿には効果抜群なのだけど、髪の毛までべた付くからあまり使いたくありません…

それでもキュレルの頭皮保湿ローションは少量で保湿が出来るので気に入っています。

フケには脂性と乾性の2種類あるが、見分けが難しい

ここまで僕のフケが乾性フケであるという前提で書いてきましたが、正直なところ本当に乾性なのか確信は持てていません。

脂性フケと乾性フケの見分け方は以下のように言われています。

  • 乾性:乾いた細かな(1mm以下)サラサラとしたフケ
  • 脂性:ベタベタした大き目(1mm以上)のフケ

で、僕のフケは…たぶん乾いていて、サラサラとしていると思うのですが、、、でも1mmを超えるものもあるのです。

どちらのタイプかによってよく効くシャンプーが変わってくるのですが、コラージュフルフル(脂性向け)そしてメディクイックH(乾性向け)のどちらも満足いく結果が得られていないので、ますます確信が持てないでいるのです。

脂性フケであれば、ニナゾルシャンプーという圧倒的評価を得ている強いやつがいるので、今回ダメであればニナゾルシャンプーを試し、、。もしそれでもダメであればフケ人間として生きていく覚悟を決める所存です。

2019/04/06追記
なかなかの効果を実感しています。フケの量が6割くらい減った感じです。しかし逆に言うと4割くらいはまだ出てきやがります。。。
混合タイプなのではと思い、物は試しにと、週2のペースでオクトセラピエの後にニナゾルシャンプーも使うようにしています。
かなり調子が良いです。ただ、季節の変わり目でもありますし、もう少し様子を見てみます。

2019/04/20追記
オクトセラピエとニナゾルシャンプーの組み合わせで、やはり相当に調子が良いです。体感ですが、頭を振っても掻いても以前の5%くらいの量しかフケが落ちない感じです。

コグレ

あくまでも僕の場合ですが、乾性用と脂性用を併用することで満足を得られるパターンもあるようです。

おわりに

昔から、そして現在進行形でフケに悩まされている僕のシャンプージプシーの記事でした。

前述のとおりオクトセラピエには今のところ手応えを感じています。

しかしある程度長く使ってみないと評価は出せないと思いますので、引き続き使ってみたうえで随時、結果を更新していきます。

2019/04/20追記
基本的にはオクトセラピエをずっと使っていくことで問題ないかなと思っています。またフケが出始めるようなことがあれば検討します。

肌、特に背中が痒い!Ceraveのかゆみ止め保湿クリームを購入(セラミド配合)【ブログ・レビュー】