「独身20代一人暮らしの僕が4年で1000万貯めた貯金術」はこちら

あぁ…パタゴニアのダウンセーターの暖かさよ…!コンパクト収納でおすすめ【レビュー・ブログ】

どうも、コグレです。確実に冬の足音が近づいてきていますね・・・つまり、、、ダウンの季節ということですね。

しかしダウンって、本当に暖かいですよね。暖かいんですけど、ユニクロのウルトラライトダウンを光にかざした時に気が付いたダウンのスカスカっぷりには衝撃を覚えたものです…。その分、ダウンの更なる可能性を感じたものです。

で、僕がここしばらくの間、愛用しているダウンはpatagoniaのド定番ダウンである「ダウン・セーター」です。

パタゴニアのロングセラー商品、ダウンセーター

patagoniaはダウンの質に定評があり、数多くのダウンを扱った商品を出しています。そして、その中でも長いこと第一線で売られ続けているのが「ダウン・セーター」。僕が持っているモデルもかれこれもう7年くらい前のものになってしまったが、今でもほとんど姿を変えずに店頭に並んでいます。色が色々あるのも良いですね。

800フィルパワーの暖かさは伊達じゃない

ダウンの暖かさの指標として「フィルパワー」という単位が使われていますが、これはダウンの膨らみ・表面積がどれほど大きいかを示しています。フィルパワーが高いダウンというのは、ふっくら膨らむということであり、ふっくらするほど空気の壁が作り出され、暖かいということみたいです。

一般的に550フィルパワー以上が高品質ダウンと呼ばれるらしいですが、ダウン・セーターは800フィルパワーです。とても品質の良いダウンなので、軽さと暖かさを両立させられる訳です。

春・秋なら寒めの日でもロンTにダウン・セーターで余裕だし、真冬ならダウン・セーターをインナーにすれば、R3やクラウド・リッジ・ジャケットを着るだけで難なく過ごせてしまうくらい暖かいです。その意味で、春・秋・冬の3シーズン大活躍してくれます。(春・秋の暖かい日には暑くて着れないですが…)

パタゴニアのフリースはR2もR3も最高でおすすめ!【レビュー・ブログ】

細かな機能が嬉しい

さすが歴史が深く、本場の冬山登山でも使われるパタゴニア製品、使い勝手が良くなるような細かな機能が満載です。

ポケットの中に本体をコンパクト収納できる

まず素晴らしいのが、収納袋不要で、コンパクトに収納できること。どういうことかと言うと、下の画像のように、内ポケットがあり・・・

このポケットを裏返して本体をどんどん詰め込んでいくと・・・

・・・

こうなります!

それもキツキツという訳ではないので、無理してつめ込まず、簡単に収納できる。別途、収納袋が必要な場合は、どうしてもいざという時に収納袋が見つからずイライラする・・・なんてことが起こりがちですが、自身のポケットに収納できるのでそのようなことは起こりえません

コグレ

素晴らしい機能・・・

撥水性・防水性

それからダウンの大敵である水分への備えもバッチリです。

表生地は撥水加工されており、ちょっとした水分であればへっちゃらです。これも天気の変わりやすい山で使用されてきたブランドならでは、ですね。

加えてジッパー部分への配慮。ジッパー部分は水が入り易い部分ですが、以下画像のように屋根があります。

コグレ

このディテールがあるダウンはこだわってるな、と感じる私であります。

裾部分のドローコード

それから、裾部分にドローコードがある点もポイントが高いです。寒い寒い日にインナーダウンとして使う場合はドローコードをきちっと引っ張って隙間をなくして着ますが、その暖かさたるや…

また見た目的にも、ドローコードを絞ることでアウターの裾丈からダウンセーターが覗いて見えちゃうみたいなこともなくなるので、便利です。

サイズ感

サイズ感については、他のパタゴニア製品と同じで一般的な表記サイズよりも大きめだと思います。170cm後半で細身の僕の場合、Sサイズがちょうど良いです。Sサイズであればアウターとして着ても違和感ないし、かといってインナーダウンとして使えないほどではないという感じ。

お手入れ簡単、自宅で洗濯可能

長く使うことを考えると、手入れの容易さは重要です。その点でもパタゴニアのダウンセーターはおすすめできます。公式サイトには以下のように書かれています。

ダウン製品は洗濯機(ドラム式ならなお可)を使用し、中性洗剤もしくは弱アルカリ性の洗剤と冷水で洗濯してください。ロフトを復元するためにきれいなテニスボールを2~3個一緒に乾燥機に入れ、低温または冷温で(必要に応じて数回)乾燥させます。ダウン製品には漂白剤、アイロン、柔軟剤は使用しないでください。
引用:https://www.patagonia.jp/product-care.html

テニスボール云々・・・と書いていますが、まあ普通に洗って日陰干ししたら問題ありませんでした。洗剤はダウン専用を使いましょう。定番のグランジャーズか、安心のモンベルが良いかと思います。

着こなし・コーディネート

シンプルなデザインなので、何にでも合うかと思います。アウターとして着るなら、こんな(↓)感じの緩い感じがパタゴニアらしくて良いんじゃないでしょうか。


引用:https://wear.jp/masao7215/11433803/

ノースフェイスのサンダージャケットとの比較

我が家にはパタゴニアのダウンセーターの他にTNFのサンダージャケットがあります。(あとユニクロのULダウン。)

どちらも良い商品なのですが、用途が違います。暖かさで言えば、

ダウンセーター>>サンダージャケット>>>>ユニクロ

という感じです。その代わり、サンダージャケットの方が薄いです。薄さ的にはユニクロのULダウンに近いです。

従いまして、「少し肌寒くなってきたかな?でもダウンセーターでは暑いかな?」という時にはサンダージャケットを着る感じです。どちらも素晴らしい。

おわりに

以上、パタゴニアの定番ダウン「ダウン・セーター」の紹介でした。寒い冬を毎年憂鬱に感じている皆様、高品質のダウンがひとつあるとそんな気持ちも少し薄れるのではないでしょうか?

そして高品質なダウンならパタゴニアは間違いないブランドの1つだと思います。

コグレ

暖かくてオススメです。