プロ凡人のせいかつ

2日に1回更新していきます。

MENU

【2018年5月】ソーシャルレンディング日記 今月の配当実績と追加投資案件等

f:id:bonjinkurashi:20180520112214j:plain

こんにちは、プロ凡人です。
ソーシャルレンディングの2018年5月の分配金が出揃いました。

ラッキーバンクが心配や…

僕がソーシャルレンディングに投資した理由は以下記事で紹介しているので、よろしければご覧ください。

では2018年5月分の報告です。

分配実績(2018年5月)

 分配額合計は源泉徴収後で47,254円でした。 投資中資金は12,582,433円です。
 業者ごとの分配額は以下のとおりです。

f:id:bonjinkurashi:20180520111334j:plain

 2017年10月から始めて、少しずつ投資額を増やしてきましたが、累計分配額が源泉徴収後の金額で30万に近づいてきました
 しかしラッキーバンクの760,000円が心配です。元本がどの程度毀損するか、まだまだ見えない状況ですが、毀損しても合計でマイナスにならなければ御の字と思って様子を見ていこうと思います。

新規投資案件・償還案件

新規投資案件

  • SBIソーシャルレンディングの「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 15号」に1,000,000円を投資しました。
  • maneoの「【不動産担保付き】1,200億円突破記念ローンファンド【第3弾】23号」に170,000円投資しました。


償還案件

  • maneoの「事業性資金支援ローンファンド677号」(20万円投資)が満期を迎え償還されました。
  • maneoの「事業性資金支援ローンファンド677号」(31万円投資)が10ヶ月前倒しの早期償還されました。
  • SBIソーシャルレンディングの「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 9号」の一部(106,080円)が早期償還されました。
  • SBIソーシャルレンディングの「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus11号」の一部(82,560円)が早期償還されました。

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlusは早期償還が多いです。

所感

 投資中資金総額が先月より471,360円増加しました
最近はやっぱり不動産担保がある案件が安心だと感じています。不動産以外はあまりにも評価が難しく、蓋を開けてみれば二束三文という可能性もあります。信頼できる事業者の不動産担保案件であれば、仮に遅延が起きても、元本の毀損は小額で済むことになるはずです。

 そう考えると、当面はSBIソーシャルレンディングとmaneoを中心に投資をしていくのが無難かなあ、という印象です。