「独身20代一人暮らしの僕が4年で1000万貯めた貯金術」はこちら

東京一人暮らし。新卒入社から6年間の年収と貯金額を計算してみた。

こんにちは。コグレです。
他人のお金事情って気になりますよね?
今日は僕が就職してから6年間で貯められたお金を、実際の年収・手取り額と共に公開してみます。

どんな生活で、どれくらい貯めることができるか、大卒東京一人暮らしのサンプルとしてみてください。

社会人1年目の年収と貯金額

額面年収 346万
手取年収 299万
貯蓄額  201万

1年目はとにかく奨学金(250万くらい)を早く返したくて節約していました。食事にもお金をかけず、部屋は6平米(!?)で56,000円くらいのシェアハウスの一室を借りていました。結果、それなりに貯金することが出来ました。

社会人2年目の年収と貯金額

額面年収 540万
手取年収 444万
貯蓄額  284万

2年目は仕事が忙しくなり始めてお金を使う元気があまりない状況に。残業もそれなりに多く年間500時間くらいはしていたと思います。途中でシェアハウスから7万くらいの築古マンションに引越し。

社会人3年目の年収と貯金額

額面年収 575万
手取年収 451万
貯蓄額  323万

住民税がフルにかかるようになり、額面は35万アップしても手取りは7万しか上がらない現実に直面…。でもなぜか貯金はかなり出来ている。忙しかったんだと思う。あまり覚えていない。

社会人4年目の年収と貯金額

額面年収 593万
手取年収 461万
貯蓄額  191万

4年目は少し仕事に余裕が出来て、投資などを考えた時期だったはず。貯蓄額が異常に下がっているのは日経先物でドカッと喰らったから…

コグレ

余裕が出来て無駄なことをするパターン

社会人5年目の年収と貯金額

額面年収 613万
手取年収 480万
貯蓄額  252万

額面が600万を越して喜ぶ。家電などを少し拘って買い始め、あまり貯金できていない。

社会人6年目の年収と貯金額

額面年収 648万
手取年収 499万
貯蓄額  350万

築浅のアパート(約9万円)へ引越し。家賃は上がるも便利な街で快適生活。
ルームシェアで家賃は折半。

所感

とまあざっとこんな感じです。だいたい6年間で1600万くらい貯蓄できました。奨学金はまだ150万くらい残っていますが、、

6年間で2度の引越しを経験しています。引越しはお金がかかるので、貯金的には痛い出費となりますが、新しい街に住むと発見も多いし、気分転換にもなるし、引越しは個人的に好きです。

僕は生来、お金を使わない質ですが、更に戦略的に使わないようにしてきました。若いときに貯めたほうがその後が楽になると思ったからです。あと漠然と、良い家を将来買いたいと思っていたから。

今、7年目に入ってからは収入の複線化としてソーシャルレンディングをはじめています。これでだいたい月に5万円ほど会社からの給与とは別にお金が入ってきていて、徐々に食費などを増やしているところです。

僕がソーシャルレンディングに1300万円を投資した3つの理由とおすすめ業者

貯金が増えるのと同じ、いやそれ以上のスピードで都心の住宅価格は上がってしまっていますが、あまり無理をせずに資産を増やしていきたいところです。

社会人の貯金術!独身20代一人暮らしが4年で1000万貯めた方法。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です