コグレトーキョー

東京に暮らすサラリーマンの雑記帖です。良い物を長く使いたい性質です。

MENU

「億り人」は案外普通の人でも達成可能?「時は金なり」、複利を体感しよう。

f:id:bonjinkurashi:20170909161223j:plain

ベンジャミン・フランクリンの有名なお言葉「Time is money」って、何かロマンチックことを言った比喩ではなく、額面通り「時=金」ってこと。

つまり、無駄に過ごしている時間で働いてれば金が得られる、という戒め的なことに加えて、金は時間が経つと増える、つまり複利の効果を言っているわけだ。

 最近は「億り人」なんて言葉が流行っているみたいだけど、複利を使えば凡人でも十分に億れる。というか、3回くらい億れるっぽい。


 例として、皮算用をしてみたのでお見せしてみる。6年間の社会人生活でコツコツ貯金をして1450万ほどを貯めました。奨学金250万ほどを抱えた状態からスタートし、6年間1人暮らししながらです。基本的に本業の所得のみです。運が良かったわけでもなく、凡人が真面目に慎ましく暮らして達成できる金額です。
このお金がどのように推移していくかと言うと…

年齢 年度 本業年収 投資年間収益 総年収 増加総額 年末時点資産総額

投資なしの場合

27 2017 640 0 640   1450  
28 2018 650 73 723 362 1812 1771
29 2019 666 91 757 387 2199 2103
30 2020 745 110 855 461 2661 2497
31 2021 771 133 904 498 3159 2911
32 2022 797 158 955 536 3695 3344
33 2023 823 185 1008 516 4211 3798
34 2024 850 211 1061 555 4766 4213
35 2025 874 238 1112 594 5360 4645
36 2026 900 268 1168 636 5996 5095
37 2027 920 300 1220 675 6671 5559
38 2028 940 334 1274 715 7386 6037
39 2029 958 369 1327 755 8142 6527
40 2030 975 407 1382 797 8938 7030
41 2031 1020 447 1467 860 9798 7564
42 2032 1050 490 1540 915 10713 8119
43 2033 1075 536 1611 968 11681 8691
44 2034 1092 584 1676 1017 12698 9276
45 2035 1108 635 1743 1067 13766 9871
46 2036 1122 688 1810 1118 14883 10477
47 2037 1134 744 1878 1169 16052 11091
48 2038 1144 803 1947 1220 17272 11711
49 2039 1152 864 2016 1272 18544 12338
50 2040 1158 927 2085 1324 19867 12968
51 2041 1162 993 2155 1377 21244 13602
52 2042 1165 1062 2227 1430 22674 14237
53 2043 1165 1134 2299 1484 24158 14873
54 2044 1165 1208 2373 1540 25698 15508
55 2045 1165 1285 2450 1597 27296 16144
56 2046 1165 1365 2530 1657 28953 16779
57 2047 1165 1448 2613 1719 30672 17415
58 2048 1165 1534 2699 1784 32456 18050
59 2049 1165 1623 2788 1851 34307 18686
60 2050 1165 1715 2880 1920 36228 19321
               

                           (万円)
 どうだろうか??
これは税引後利回り5%で運用できた場合の僕の資産推移シミュレーションだ。インデックスファンドの期待利回りだし、ソーシャルレンディングでも一般的な利回りだ。本業所得を全て突っ込んだ場合なので極端ではあるけれども、50半ばで本業年収を超える。(税金とかガバガバだけど、イメージ掴むためのものなのでご勘弁を…)

 なお、一番右の列は投資をしない場合の貯蓄予想ですが、40歳時点では2000万程度しか差が生じていない。だが、投資をする場合としない場合の年収は大きく差がついており、ここからストックに大きな違いが生まれてくることが分かる。

 ちなみに年間支出は180万円で計算している。←少なすぎ?

 ともかく、凡人でも何とか大企業に滑り込み、頑張れば、アーリーリタイアも夢じゃない!

金貯め込んで死なないように気をつけないとね。ほどほどの精神もだいじ。