プロ凡人のせいかつ

2日に1回更新していきます。

MENU

【レビュー】デロンギのクソ高いエスプレッソマシンを買ったった(プリマドンナXS, ETAM36365MB)

f:id:bonjinkurashi:20180414144142j:plain

買ってしまいました…プリマドンナXS(約20まんえん)を…
皆さん知っていますか…このクソ高い全自動コーヒーマシンを…

デロンギの全自動エスプレッソマシンを買った理由

 僕はドリップコーヒーが好きだ。だがエスプレッソはほとんど飲まない。
じゃあなぜエスプレッソマシンを買ったかというと、ドリップコーヒーを淹れてくれる本当の意味での全自動コーヒーメーカーが他になかったから。全自動と謳っていても、フィルターを自分でセットしなくてはいけないとか、一杯ずつ抽出することは出来ないとか、僕が望んでいたコンビニコーヒーみたいに、ただボタンを押すだけで豆から一杯ずつ抽出してくれるような代物ではなかったのだ。
 例えば無印の「MJ-CM1」についても、やっぱり逐一フィルターをセットする必要があるし…

 
 ベストセラーっぽいパナソニックの「NC-A56-K」もそれは同じ。だいたい、いずれも豆を予めたくさんセットしておくことも出来ないから、豆も毎回セットしないといけない

 
 だから、

これが”全自動”って、なんか違うくねぇ??

自宅コンビニコーヒー計画は無理なのか…

と落胆していた。

  だが、血眼になって探した結果、デロンギのエスプレッソマシンは文字通り、「コンビニコーヒーみたいに、ただボタンを押すだけで豆から一杯ずつ抽出」してくれることが分かり、更にエスプレッソマシンではあるけれど、ドリップ風に淹れてくれるカフェジャポーネ機能がついていることを知った。

 すなわち、デロンギの全自動エスプレッソマシンが「唯一の全自動でドリップ(風)コーヒーを淹れてくれるマシン」だったから、というのが購入した理由になる。 

 

メンテナンスフリーっぷりが素晴らしい

 もう1つデロンギのマシン購入の背中を押された点がある。それはメンテナンスが非常に楽だということ。掃除をこまめにやらなくてはいけない…なんてことであれば、淹れる手間が省けても新たな別の手間が生じるだけなので、意味がない。

 僕はそこそこドリップコーヒーを美味しく淹れることは出来る(自称)と思っていたので、味よりも手間の解消を求めていたのである。

 その点、プリマドンナXSをはじめ、マグニフィカSなど他のデロンギのモデルも含めて、電源のON/OFF時に都度、自動洗浄を行う機能が搭載されており、自分で洗う必要がない。
 また、さすがに抽出後の粉を捨てる必要はあるが、これも捨てるタイミングをお知らせしてくれるので、意識的にメンテナンスのことを気にしておく必要がない。ほぼメンテナンスフリーだと言って間違いでないと思う。

肝心の味はどうか??

 うだうだと申し上げてきましたが、そうは言ってもさすがにそれなりに美味しくなくては満足できない(だってこの値段だもの…)。この点、カフェ・ジャポーネなる機能が自分のドリップコーヒーより美味しいか正直少し不安を感じていました。

 レビューを見て美味しいという声が大半ではあったけど、クソ高いものなので、「仮に微妙でも美味しいと自己暗示をかけてレビューしてるんじゃ…」なんて謎の疑心を抱いていたのです。

 だが、皆さん安心してください。ウマイです
もちろん豆にもよると思うけど、その豆で出せる最大限に近い美味さを引き出してくれてると思う。残念ながら自分でドリップするよりも確実に美味しかった…。ほとんどのお店のレベルに達していると思う。1000円の珈琲を頼んで出てきても怒らないレベル。

 カフェ・ジャポーネがよく出来ていて、確かにルンゴとも違う、僕にはドリップコーヒーとほぼ同じに思える味に仕上げてくれる。(ちなみにこのマシンの作るルンゴも凄く美味しい。)

数あるモデルの中でプリマドンナXSを選んだ理由

 デロンギのマシンの中でどのモデルを買うか悩んでいる人もいると思う。僕も悩んでいた。マシンの核であるグラインダー(豆を挽く機構)などは同じで、エスプレッソなどの基本メニューの”味”には違いがないので、あとは以下の点を考慮して決めれば良いと思う。

  • ①追加機能の必要性
  • ②見た目(デザイン・サイズ)
  • ③値段

 初めに言うと、僕がプリマドンナXSを選んだ理由は完全に「②見た目」だ。それもサイズではなくデザインの方。どうですか、かっこよくないですか??

 だが、やはりプリマドンナXSは少々高すぎますよね。見た目をそこまで重視されていないのであれば、以下のモデルがオススメです。

マグニフィカS(ECAM23420SBN)

 おそらく一番売れているのはこのモデル、マグニフィカS(ECAM23420SBN)だろう。僕も機能的にはこれで十分だし、むしろ豆や水のタンク容量を考えたら、補充の頻度が少なくてよいマグニフィカSの方が実用的なんじゃないか、とも思った(プリマドンナXSは豆100g /水1.35L、マグニフィカSは豆250g /水1.8L)。

マグニフィカSカプチーノ(ECAM23260SBN)

 もし機能面の問題でマグニフィカS(ECAM23420SBN)には搭載されていないラテクレマ(細かなミルクの泡を作れる機能)が使いたければマグニフィカSカプチーノ(ECAM23260SBN)で良いだろう。

 だが僕の場合、残念なことにプリマドンナXSの見た目を気に入る脳みそをもってしまっており、マグニフィカSをどうしても選ぶことができなかった…。
 デザイン”だけ”のために2倍以上の金額を出した訳だが、後悔はしていない(本当です)。 

 

ラテクレマ(LatteCrema)のクオリティがすごいのではないか…?

 最後に、期待していないというか、意識していなかったけど想定外に良さそうだと感じたラテクレマについて触れておきたい。
 僕は基本的にブラックしか飲まなくて、今回もカプチーノやカフェラテを飲むつもりはあまり無かった。だが、せっかく機能がついているので、カフェラテやらカプチーノやらを作ってみたのだが、、なかなかどうして、これが美味いんです。
 カフェラテは泡が3段階のうち最も粗い設定で作るのだけど、それでもけっこうクリーミー。一番細かな設定にすると、細かすぎて泡だけで”食える”レベルでした。

 カフェラテを淹れてくれる様子をボタン押してからの様子を動画に撮ってみました 。(クソ画質ですみません)